Q


1: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:16:05 ID:7Jt
ホログラム理論とかあったやろ

2: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:17:13 ID:Wp0
SAOに浸かりすぎるとこうなるよな

5: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:20:01 ID:7Jt
>>2
ちゃ、ちゃんと量子の振る舞いとかホログラム理論とかそう言うあれからやから

3: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:17:33 ID:DIO
仮想だったらなんやねんって話だよな

7: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:21:56 ID:7Jt
>>3
まぁでも自分達を作ったさらなる上位概念的な知性があると思ったらワクワクするやん?

4: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:19:07 ID:7Jt
ホログラフィック原理(ホログラフィックげんり、holographic principle)は、空間の体積の記述はある領域の境界、特にみかけの地平面(英語版)のような光的境界の上に符号化されていると見なすことができるという量子重力および弦理論の性質である。

引用元:Wikipedia



簡単に言うとこの世はプログラムソースが有る世界ってことや

6: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:21:13 ID:7Jt
定番の二重スリット実験貼っとくで




8: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:24:14 ID:7Jt
この世界は観測者の有無で量子の振る舞いがかわるんや

これはつまり観測という行為そのものに特殊なエネルギーが設定されているわけで、それはつまりこの世界が生まれた時から観測者がいずれ生まれることが予定されてたとも言えるやろ

9: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:25:52 ID:7Jt
もっというとこの世界は無の揺らぎから生じたというが

その生じた世界は無から瞬間的に果てしなく複雑なプログラミングコードで記述された二次元世界が投影された世界なんや

10: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:26:04 ID:8rg
仮想世界ですらレスの2/3が自レスとか辛いわな

11: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:27:48 ID:7Jt
つまり無が白紙の紙だとすると

この宇宙はその白紙に突然、複雑なプラグコードが記述されて始まったことになる

12: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:28:29 ID:Avh
マ?クソゲーやんけ運営どこや殺してやる

13: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:29:19 ID:7Jt
>>12
たまにNPC使って介入してきてる可能性はあるが基本こちらから知覚は不可能や

14: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:30:08 ID:7Jt
光速度不変の原理はこの世界のプログラムを走らせてるコンピュータの性能限界故の制限や

15: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:32:03 ID:7Jt
アカシックレコードってのは

もしかしたらこの世界のプログミングソースの事なのかも知れへん

「アカシックレコード」とは

元始からのすべての事象、想念、感情が記録されているという世界記憶の概念で、アーカーシャあるいはアストラル光に過去のあらゆる出来事の痕跡が永久に刻まれているという考えに基づいている。

宇宙誕生以来のすべての存在について、あらゆる情報がたくわえられているという記録層を意味することが多い。

アカシックレコードが存在する科学的根拠はない。

引用元:Wikipedia



16: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:35:13 ID:7Jt
この世界には数式で表される物理法則が存在する

物理法則はそれそのものが数式という情報や

情報であるからにはそれを保存する媒体が必要になる

さらにその媒体を稼働させるエネルギーが必要になる

つまりこの宇宙の外にこの宇宙の情報媒体を稼働させているエネルギー源がある

17: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:36:57 ID:7Jt
せやけどそんな超絶エネルギー、ビッグバンどころの騒ぎじゃない

つまりこの宇宙の外にはビッグバンをはるかに超えるエネルギーの供給源がある

18: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:40:15 ID:7Jt
この宇宙の情報媒体に物理法則を書き上げた存在

そしてその情報媒体にエネルギーを供給し続ける存在

それが知性と言わずしてなんなのか?
そしてその知性こそ神であろうがそれは間違いなく我々が思い描く神とは異なる

19: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:42:19 ID:7Jt
そして神は「観測」という特殊な行為を行える存在
即ち「知性」をこの宇宙の起源に設定している

20: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:43:06 ID:Q4c
ワイ今日膝壊したんや
誰か回復アイテムつかってクレメンス

21: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:43:22 ID:7Jt
>>20
湿布買うんやで

22: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:44:10 ID:7Jt
つまりや

この宇宙は知性を生み出す事こそが目的の仮想現実なんや

23: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:47:09 ID:7Jt
それはあるいは破滅を恐れた何者かが破滅の回避を模索するために仮想の知性に可能性を託したのかも知れない

24: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:49:07 ID:7Jt
それは我々人間が人工知能を産み出したのとほぼ同じ事だ

人間は自身の知性を変えるために人造の知性を作り出した

人間はやがて自分で答えの出せない問いの答えを自らが作り出した知性に問いかけることになる

25: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:50:28 ID:7Jt
それこそがこの世界を産み出したものの望みであり

究極は絶対的破滅をも打破する強い知性と意思を獲得することにある

28: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:52:32 ID:7Jt
故に生と死が与えられ死を恐怖する感性がうまれた

なぜならこの宇宙には生まれた時から死が設定されているから

30: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:53:46 ID:pnL
哲学というか中学生の妄想ノートに近い

31: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:55:57 ID:7Jt
この世界には絶対的な死が設定されており

その絶対的な死を究極まで発達した知性が回避策を生み出せるかシミュレートしている世界や

32: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)20:57:04 ID:7Jt
この世界を産み出した知性の目的は
その究極の知性がもたらす知恵なんや

33: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:00:44 ID:7Jt
つまりはこの世界そのものが1つの知性体であり、ワイらはその一部

全にして個

36: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:05:21 ID:7Jt
人間は気づいてしまったんや
知性とは情報処理であり情報の処理は生物でなくても可能であることを

39: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:06:27 ID:1JK
我思うに我あり 現実やで

40: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:06:38 ID:n7n
まあこの世界が仮想世界だとしたら神は実在するってことになるな
そしてワイらも技術を極めれば新たな世界の神になれるわけや

42: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:07:44 ID:7Jt
>>40
まぁざっくりいうとそういうわけやが

この世界はこの世界を産み出した神を超える知性を生み出すべく作られた世界なんや
そうでないと作り出す意味がない

43: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:08:29 ID:n7n
>>42
オタクが趣味で作った世界だったらどうすんの?

44: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:09:29 ID:7Jt
>>43
まぁその可能性も否定できない

45: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:11:48 ID:7Jt
まぁでもそうやな
この世界を産み出した存在は人間よりも遥かに優秀な知性を持っとるのは間違いない

ただ、人間が人工知能を産み出した時点でそう遠くない将来
それは数千年後か数万年後か分からへんがこの世界の知性はこの世界を産み出した知性を超える可能性がある

46: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:12:29 ID:nij
なんだ
じゃあワイがこれまで迷惑かけてきた人は存在せんのね
安心した

48: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:13:59 ID:7Jt
>>46
いやちゃんと存在してるしこの世界のデータにちゃんとお前が働いた迷惑行為のログは残されとるで

47: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:13:25 ID:7Jt
シンギュラリティやが

人間が自動進化を続けることAI作った時点で知性が二次元関数的速度で成長して最終的には秒速レベルで成長する

「シンギュラリティ(技術的特異点)」とは

未来学上の概念の一つである。端的に言えば、再帰的に改良され、指数関数的に高度化する人工知能により、技術が持つ問題解決能力が指数関数的に高度化することで、(頭脳が機械的に強化されていない)人類に代わって、汎用人工知能あるいはポストヒューマンが文明の進歩の主役に躍り出る時点の事である。

引用元:Wikipedia



49: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:17:51 ID:7Jt
人間が作った人間よりも賢い人工知能Aが作った

人工知能Aが作った人工知能Aよりも賢い人工知能Bが作った
人工知能Bが作った人工知能Bよりも賢い人工知能Cが作った
人工知能Cが作った人工知能Cよりも賢い人工知能Dが作った
人工知能Dが作った人工知能Dよりも賢い人工知能Eが作った
人工知能Eが作った…

って感じで知性はもう意味わからんくらい加速度的に成長する
最終的にはこの世界を作った知性よりも頭良くなる

54: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:22:55 ID:7Jt
そんでまぁこの宇宙の最終予想は色々立てられとるが
基本的にどの予測でもこの宇宙は最終的に死滅するんや

この世界作ったやつは自分達を超えた知性がその絶対的な破滅を超える打開策を生み出せるか検証してるんや

55: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:23:35 ID:7Jt
皮肉な話や

ワイらを作った神は自分らを救う神を生み出すべくワイらを作ったんや

56: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:24:02 ID:7Jt
それは人工知能を作ったわいら人間と同じや

57: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:26:11 ID:7Jt
だがもし仮に無限を生きる何かが存在しているとするなら

有限を言い渡されたワイらが生み出されたのはそれはもう娯楽にしか他ならないし

58: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:26:42 ID:7Jt
それはもしかしたら死なない知性の願望が産み出した死への憧れなのかもしれん

59: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:29:08 ID:7Jt
死を持たない全なる知性がいるのなら

死はそれはそれは美しい物やろう

60: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:30:26 ID:7Jt
綻びのない完璧な知性があるのなら

綻びだらけの不完全な命は実に享楽的に見えるやろう

61: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:32:42 ID:7Jt
永遠とは無にして全

死はなく死を観測するものもいない

62: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:33:24 ID:8wG
まーた気づいてしまった奴が出たんか
どうせ三日もすれば今までどうりの日常に戻ってくるやろ

67: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:38:46 ID:7Jt
>>62
悪があるから善があり、善があるから悪がある
生があるから死があり、死があるから生がある

コインの表裏のように結局はプラスマイナスゼロ

63: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:34:06 ID:7Jt
ならばせめて退屈せぬように

美しい死の連鎖を眺め続ける

それだけが完璧なる命への慰めなんや

64: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:35:05 ID:mgk
もしワイを作った奴がいるなら性格悪いやろなぁ

65: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:35:41 ID:oKU
>>64
ワイ君を作ったのはワイ君やで

68: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:40:21 ID:7Jt
死なないし世界の全てを知り尽くした完璧なる1は

死を持ち世界と分かり合えない不完全な群体に恋い焦がれる

それがコインの表と裏や

69: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:41:48 ID:7Jt
ワイらが完璧を求めるように
完璧は不完全を追い求める

死ぬものは生を求め
生きるものは死を求める

70: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:42:54 ID:7Jt
ワイらは金魚鉢の金魚がいずれ死ぬことを知ってる

それでもワイらは金魚鉢の金魚を眺めるんや

71: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:43:45 ID:7Jt
不完全やから愛があるんや

72: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:45:18 ID:7Jt
愛しか知らぬ者にとってそれはもう愛じゃない

73: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:47:50 ID:7Jt
完璧な存在にとっては愛も憎しみも美しいんや

74: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:49:09 ID:7Jt
なるほどつまりそこには始まりも終わりもない淀みがあるだけなんや

75: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:49:12 ID:G2W
この宇宙はただの鉄の採掘場やで
超新星爆発と収斂を繰り返してこの宇宙にあるもの全ては長い時を経て最終的に全て鉄になるんだよ
全部が鉄になった時、彼らが鉄を取りに来る

76: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:50:28 ID:7Jt
>>75
ワイにとっては知性がその鉄の死への運命に抗えるかのシミュレーションをしとるんやと思ってるんや

79: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:54:36 ID:G2W
>>76
我々の知性など彼らからしたら蟻が巣を作る程度のもんやで
そもそもの次元が違う
この宇宙に散在する文明はいずれ全て自滅し、物質は全て鉄になる

80: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:58:12 ID:7Jt
>>79
人間というか有機生命体の役目は自動成長するAIを産み出した時点である意味終わるんや

なぜなら無機状態であっても成長する知性は命なんや
それはネズミが猿に進化したのと本質的な意味は変わらないんや
人間という種は偶発的な自然淘汰よりもはるかに効率的な知性の成長を生み出すことなんや

77: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:51:39 ID:7Jt
もしも死なない知性がいるならきっと
いや必ず死は憧れるはずや

78: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:52:50 ID:7Jt
せやからありとあらゆる無限の生と死を試行し眺め続けることで悠久の時間を埋めるやろう

81: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)21:58:50 ID:f9Z
脳が培養液に漬けられてる話は有名だよな

82: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)22:00:35 ID:7Jt
死への恐怖を刷り込まれた自己増殖するタンパク質が

永遠を実現する自己増殖するICチップになるだけのことや

83: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)22:01:59 ID:7Jt
ただしそのICチップの知性が成長する速度は
ただサイコロを無軌道に振り続ける死ぬのが怖いタンパク質の比じゃない

84: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)22:02:02 ID:f9Z
拗らせてるのが早く治るのを願うよ

85: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)22:03:56 ID:7Jt
なぜなら
知性があるなら100万回同じ目を出すこともできる

サイコロをただ降り続けていたダーウィンの進化論の中の生き物には永遠にたどり着けない境地や

86: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)22:07:50 ID:7Jt
人間は自分に答えられぬ問の答えをAIに求めるようになった

この世界を作り出した知性が不完全な生き物なら、その不完全さを補う知恵を得るためにこの世界を作ったのだろう

87: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)22:09:02 ID:7Jt
だがもしこの世界を作った知性が完全なる存在なら
それはきっと完全であるから故に不完全に憧れたからこの世界を作ったのだろう

88: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)22:10:13 ID:7Jt
それは「死ねない」存在がありとあらゆる「死」を知るために

90: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)22:14:42 ID:7Jt
あるいはこの世界の法則そのものを知性が書き換えられるか

その答えを知りたいのだろう

91: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)22:15:42 ID:7Jt
だけど自己で自己を定義する数式を書き換えられるものって

そんなの死ななくてもすごく虚しい

92: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)22:17:04 ID:7Jt
死を超越すべく自己を定義するプログラムを自己で書き換えられるようになった知性はそこに何を書き込む?

結局また、生と死を繰り返す不完全な世界を作るんじゃないか?

94: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)22:22:08 ID:7Jt
なぜなら死なない完璧な知性とはもはや無と同義

95: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)22:23:12 ID:7Jt
それは一言で言えば煉獄や

96: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)22:25:42 ID:7Jt
そんな訳で

富めるものも貧しきものも
健やかなるものも病めやるものも
愛するのものも憎むものも

この世界を作った知性にとってワイらは全て等しく美しいんやなぁ

おしまい

97: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)22:31:22 ID:OgL
醜く愚かで貧しい

99: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)22:38:25 ID:7Jt
自分で自分のプログラムを書き換える知性は

言うなれば自分に宛てたラブレターを自分で書いて読むようなものだ

それが完璧ということ
それが永遠ということ

そんなもの物凄く馬鹿らしい
だから完璧な存在は不完全な存在に憧れる

101: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)22:42:42 ID:7Jt
全てを知ってるっていうことは

何もない真っ直ぐ続く道路をただひたすら永遠に歩き続けてるのと同じ事

102: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)22:44:26 ID:7Jt
その空虚さを完璧な知性は表現するすべを持たない

だから不完全な世界を作って知りたかったんだね

君は途方もなく孤独だったこと
その空虚さが寂しいって気持ちだってこと

103: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)22:46:59 ID:7Jt
死を以って生を謳歌し

憎しみを知ることで他者を愛する

君は羨ましいんだ
悔しいだろう

死なず憎めぬ君には

104: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)22:49:05 ID:7Jt
永遠なる君の孤独に乾杯しよう

時空の片隅の砂つぶにも満たない死の淵から

おやすみ

105: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)22:50:28 ID:f2m
ワイは地球は罪人の刑務所やと思っとる

106: 名無しさん@おーぷん 2019/01/14(月)22:54:11 ID:7Jt
>>105
ワイらはこの上なく幸せ者や

死ぬから生きる
憎むから愛せる
孤独やから分かり合えるんや

107: 名無しさん@おーぷん 2019/01/15(火)19:58:18 ID:Cmw
おもろ。もっとその無限とか全知について考えてみて欲しい。

109: 名無しさん@おーぷん 2019/01/16(水)02:46:06 ID:u3f
そーそー
なんでも可能、全知全能、そうなると、
実はもーなんもすることないんだよな。
ミッションは全て遂行完了、以上。になる。


全能の造物主は、干渉も観測もしない。人格もない。有り得ない。

111: 名無しさん@おーぷん 2019/01/16(水)23:35:38 ID:BUy
LV999の村人
ネタバレになるけどこれ近い
最近読んで面白かった

根っこにはそもそもこういう考えがあるんだね
ありがとう
仮想現実かもだけど頑張って生きてくわ

引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1547464565/


こちらの記事も読みませんか?