Q


1: しじみ ★ 2019/03/19(火) 13:47:46.74 ID:CAP_USER
■8000年におよぶイベリア半島の古代人DNA、4500年前にいったい何が?

人類の移動が始まって以来、現在のスペインとポルトガルが位置するイベリア半島は、アフリカ、欧州、地中海沿岸の文化が混じり合う場所だ。  

8000年にわたるこのイベリア半島の古代人の遺伝的特徴をまとめた新たな論文が、遺伝学者と考古学者からなる111人の研究チームにより、2019年3月15日付けで学術誌「サイエンス」に発表された。論文によると、遺伝子は非常に複雑に入り混じっているという。また、約4500年前に謎の大移動が始まり、それだけで古代イベリア人男性のDNAが完全に一新されたことが示唆された。  

いつ、どのように、イベリア半島へさまざまな人々がやってきたのかを探るため、研究チームはDNAに刻まれた痕跡を調べた。古代イベリア人271人のゲノム配列を決定し、これまでに公表された別の132人のデータと統合した。  

結果は、予想以上に複雑だった。


■男性はすべて置き換わっていた  

イベリア半島の古代人の遺伝子構成は、青銅器時代に劇的に変化し始めた。紀元前2500年頃から、黒海とカスピ海周辺のステップ地帯に暮らしていた人々に関連する遺伝子が、イベリア半島の人々から検出され始める。その後、古代イベリア人のDNAの多くが、ステップ地帯の人々のDNAで置き換えられた。  

インド・ヨーロッパ語族を広めたのはステップの人々だったという仮説がある。その「ステップ仮説」では、ステップの人々はほぼ同時期に、東はアジアへ、西はヨーロッパへと広がったとされる。今回の論文は、彼らがイベリアにも到達していたことを示している。その前後で、イベリアの人々の60パーセントにはステップ由来の遺伝子が加わらなかったが、Y染色体は紀元前2000年までにほぼ置き換わった。Y染色体を持つのは男性のみであるため、ステップ地帯から男性が大量に流入したことが示唆される。

「影響は男性にとても偏っていたようです」とナショナル ジオグラフィック協会の上級プログラムオフィサーを務める遺伝人類学者ミゲル・ビラー氏は話す。なお、氏は今回の研究に関わっていない。  

やって来た男性は何者だろうか? 争いはなかったのか? ビラー氏は、ステップの男性は、馬に乗り青銅器を携えてイベリア半島にやって来て、青銅器時代の到来を告げたのではないかと推測している。同氏はこの移動の影響を、1490年代に欧州人が上陸した際に、南北米大陸の先住民が直面した事態になぞらえた。

「欧州の端から端まで広がる大移動に成功し、いまだにこの西端の地に多大な影響を及ぼしているのです」とビラー氏。  

その頃、青銅器が使われ始めたこと以外に、ステップ文化の明らかな痕跡はイベリアでまだ見つかっていない。一方、今回の研究により、西欧でインド・ヨーロッパ語族ではない唯一の言語を話す現代のバスク人が、ステップの人々と非常に近い遺伝子マーカーを持っていることがはっきりと示された。イベリア半島では、その後も何世紀にもわたり遺伝子が混ざり合ってきた。だが、現代のバスク人の遺伝子は、そうした現代のスペイン人のものとは異なるという。

続きはソースで

no title

引用元:ナショナルジオグラフィック

26: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 21:41:51.44 ID:M5tDwsv4
>>1
男の大移動って軍事遠征くらいしか思いつかないけど

62: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 23:47:40.20 ID:tFo4DEB4
>>1
うーん、なんとも不思議
ロマンですなぁ

2: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 13:57:41.86 ID:VSHGDvYB
飢餓が発生 食い詰めた男が大移動

39: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 22:39:45.91 ID:QpOpkkPt
>>2
逆だろうな
青銅器によって生産性が上がって人口爆発が起きたんだろう

82: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/20(水) 09:22:27.07 ID:YDGMPkWU
>>39
面白いと思う。

70: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/20(水) 00:51:58.84 ID:LEFelzbp
>>39
人口爆発で飢餓が発生

4: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 14:01:47.88 ID:PpXabc0W
軍隊の進行でそ???
それ以外に何があるのかと?

5: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 14:02:39.55 ID:B0rPywlj
戦争で勝った側が流入、現地の男は殺して女は性奴隷

7: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 14:10:28.52 ID:gF3uUuk7
>>5だろうね
現代でも一部の紛争や戦争でそれやってるよ
ユーゴ紛争とか男は殺し女は犯すをやって対立民族を潰そうとしてたし

60: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 23:41:36.57 ID:kG5xNGHg
>>7
チベットウィグルだね
男は根絶やし

20: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 15:50:04.46 ID:Yz0LYP1T
>>5
結局、南米で白人がやった事と同じだよな
南米ネイティブの男の遺伝子なんて1%程度しか残ってない
99%は白人のY遺伝子

6: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 14:09:23.96 ID:IjoMKtPr
>西欧でインド・ヨーロッパ語族ではない唯一の言語を話す現代のバスク人が、
>ステップの人々と非常に近い遺伝子マーカーを持っていることがはっきりと示された。

この辺はロマンやん

8: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 14:17:09.78 ID:ohRFSnF7
ええじゃないか、ええじゃないか、と踊りながら移動したと思う

9: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 14:18:23.85 ID:C9cblvuM
狩猟の時代は10%が子ども関係なしに殺人で死んだ

10: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 14:24:30.82 ID:p7euQVyE
エンジョイ&エキサイティングな虐殺があっただけだろう

16: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 15:11:39.30 ID:RYexMdYW
ヒト族は凶暴すぎ

17: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 15:30:51.42 ID:cqtV2g9i
ヒトのDNAが多様性に乏しい理由として、
同じヒト族同士で絶滅戦争を何度も繰り返して生き残った極少数が現生人類の先祖という説があるな

19: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 15:48:36.27 ID:qBj7Cdty
中国がチベット、ウイグルで現在進行系でやってるやん、男は生殖出来なくして女は漢族の子供を産ませる。

21: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 20:15:14.94 ID:2mo1BX7c
南米原住民のY遺伝子は現代原住民に十分伝わってるが白人Y遺伝子の一部も保有してる

22: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 21:27:00.80 ID:ymYTeJBf
男は皆殺しにされちゃったのか。

24: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 21:36:07.34 ID:1MVOqQRf
>>22
そういうことになるが
文化的(言語的)に変化があったわけではなさそうなのが奇異な点
完全な母系社会だったとしか考えられない

古代ミステリーのひとつ

23: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 21:34:31.79 ID:BUSwPsNf
古代の北斗の拳かね
人間の歴史は戦争の歴史

25: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 21:39:09.54 ID:1MVOqQRf
中南米と似ていると指摘しているが
中南米は言語や支配体制は完全に侵略者側に置換されているのが異なる

まさしく古代のミステリー

31: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 22:04:35.21 ID:srUS9/rE
>>25
中南米は男を皆殺しにしてない。
多くは奴隷として生きてた。

その理由は、南米は稼ぐ場所だったから

スペインは稼ぐ場所じゃなくて移住先。
だから男は全部殺した。

30: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 22:01:58.48 ID:srUS9/rE
戦争で勝って、男を皆殺しにしても、言葉や文化は変わらん。
日本のハーフ見れば分かるだろ?
親父は外国人でも、子供は日本語しか話せない。
子供を育てるのは女だからな。

34: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 22:19:24.41 ID:hbSUIP7+
>>30
それは現代話だから

32: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 22:14:57.50 ID:S6L3IZz4
奴隷にしたが、征服者が持ち込んだ病原菌でやられ、奴隷が減ったのでアフリカ人を連れてきたらさらに一緒に付いてきた病原菌で止めを刺されてる

激減したのは事実

33: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 22:17:27.38 ID:hbSUIP7+
勝った方の男が負けた方の女を所有し
負けた方の男は半分殺され半分は奴隷で妻帯を許されなかったのだろう。
昔は言語も通じなかっただろうし国際的掟も無く
殺すか殺されるが多かったのだろう。

Y染色体は男性の流れを示し
淘汰が激しく言語の流れを示す。
ミトコンドリアDNAは女性の流れを示し
淘汰はそれ程でもなくその地固有の民族を示す事が多い。
ってよく言うよね。

35: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 22:23:04.93 ID:1MVOqQRf
征服集団が被征服集団の男を大量殺戮するようになったのは農耕開始以降のこと
支配者の男性が複数の女性に子供を産ませるのが常態化したのも同じ
世俗的なことを言っているのではなく最近の遺伝子調査で実証されている

だからイベリア半島で印欧語族の男たちが自分たちの言語を
押し付けなかったのは異例中の異例のことなんだ
だからニュースになっているワケ

ここまでは理解してくれな

37: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 22:32:45.31 ID:ozj8TvWD
4500年前なら寒冷化が進んでる頃だから
食べる物がコロコロ変わってる時期だろう。

新しい作物を伝えて回る連中がいて
その土地の風土に合うと居着く。

伝えて回る連中は男共だからY染色体が一斉に入れ替わる。

38: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 22:38:51.05 ID:Ob0eugHO
先にヨーロッパにいたウラル語族がインド語族に征服されてY遺伝子と言語をほとんど塗り替えられたけど、イベリアのバスク人だけは言語入替が起こらなかったのがミステリー、って事かいな?
ヨーロッパ人の祖先ってインド人なんだな。なんかそんな気もするな。もしかしたら多地域進化説もあるかもね。インド起源がコーカソイドなのかも。

41: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 22:43:22.53 ID:hbSUIP7+
>>38
インド北部は印欧語族に侵入された側だろ
元からいたのは南部に残っている

42: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 22:45:26.31 ID:jYyioNct
ゲルマン人の大移動なの??

44: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 22:47:43.30 ID:hbSUIP7+
それはもっと新しい時代

48: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 22:55:14.22 ID:A1uqt37R
いつの時代も人殺しが好きなんだね。

50: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 23:07:13.16 ID:1MVOqQRf
英国でもストーンヘンジを造った集団の
現在のイギリス人への遺伝子的貢献度は約10%と言われている

4500年前の侵入(恐らくケルト人)から始まって
アングロサクソン人、ノルマン人の侵入でかなり変容したようだ

52: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 23:16:50.51 ID:1MVOqQRf
欧州古代人変遷史
10000年以上前 クロマニヨン人
9000年前頃から 初期農耕民(トルコから侵入)
4500年前頃から 印欧語族(南ロシアから侵入)

クロマニヨン人と言っても最近では少なくとも五つぐらいに分かれるようだ
初期農耕民は一時全欧州に拡がったがアイスマンもその系統
印欧語族は欧州の南と西ではYハプロがR1b、東と北ではR1aが主体

この考え方が中心になったのは2015年あたりからだからまだ5年足らず

53: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 23:17:20.12 ID:vBF9ixVy
一万年から五千年前まで北部アフリカは緑豊かな土地だったが
木を切りすぎて砂漠化が急速に進んで住めなくなったんだよ
丁度4500年前に集団移住が起きたんだろ。

58: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 23:39:21.18 ID:1MVOqQRf
>>53
話は違うが北アフリカ(マグレブ)には2000年前ぐらいまでは象が野生していたらしい
だからハンニバルもカルタゴの領域で調達した象でローマに攻め込んだことになる

また2000年前ぐらいまでは欧州南部(ギリシャ・イタリア)にライオンが
生息していたと推測されている
だからギリシャ神話などにライオンが出てくるのは作り話ではなく
彼らの実話に基づいていることになる

余談だけどね・・・

55: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 23:21:17.36 ID:9Vkx83H6
勉強になるスレだな

57: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 23:38:40.82 ID:Doc6LZPR
近代以前は人口も遥かに少なく密度も低いので、人口の異常な増減は良くあったらしい
気候変動の影響にも非常に敏感で、パンデミックによる人口激減も良くあったらしい
その結果、地域的に人間がほぼ入れ替わることが頻繁に起こり得たらしい

64: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/19(火) 23:58:38.84 ID:sedW9y0f
女様が隣近所の男を捨てて、遠くから来たイケメンに貢ぎまくっただけだろ。

66: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/20(水) 00:16:33.18 ID:OZlrDKO4
遺伝子の広がりと
言語の広がりはわりと一致するんやね
これは面白いところ

67: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/20(水) 00:34:05.75 ID:/owTiO/J
コミケ会場が移転したんだよ

72: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/20(水) 01:07:10.82 ID:Nb9pCCJG
絶対「ヒャッハー」って言ってた。

73: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/20(水) 01:13:12.64 ID:7Z+EvzP0
モヒカンに皮と骨で作ったベスト、青銅の斧でヒャッハーするモブ

74: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/20(水) 01:43:56.18 ID:myBLNjTt
文化的には変わらなかったてことは、侵略された結果ではないかもね。

男性に病気が流行って減少したところ、他の地方から流入したのが主原因じゃなかろうか?

75: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/20(水) 01:55:24.73 ID:xDTidlaL
平和というのは、戦って得るものということ。
きれいごとでは家族も国も守れないということだ。

77: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/20(水) 01:59:54.92 ID:vSSd3VjL
高い文化を持ってた先住民の♂が野蛮な侵略者に滅ぼされれば女系で文化は残るw
滅ぼされたのが非印欧語系のバスクやブリテン諸島の巨石文明人で滅ぼしたのが現在のケルト人の先祖w

79: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/20(水) 05:42:10.79 ID:pKzZI1TK
生物学的に見れば、
・まず最初に男は全部殺す。
・男児は全部殺す。
・遺児も全部殺す。

残りの女と交尾したら民族浄化は完了である

81: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/20(水) 08:46:51.53 ID:DvfTifGW
時期的に肥沃な三日月地帯の遊牧民が世界中を荒らし回ってたんじゃないかな
ヨーロッパとアジアに広がって混血しながら同化していったようだが
それが数百年後にエジプトで王朝を打ち立てたヒクソスなんかもそういう流れな気がするけど
ヒッタイトの後またたくまに鉄を世界中に広めたのもこいつらな気がするが
dnaがなんなのか記事に書いてほしいな

85: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/20(水) 12:32:53.62 ID:LSOsO1fz
>>81
「肥沃な三日月地帯」の内側のシリア砂漠の遊牧民はアフロアジア語族セム語派で、 この記事で話題にされている黒海カスピ海北方から広がった印欧語族系の遊牧民とは別口だろう。

あと、ヒッタイト滅亡とその後の製鉄技術の拡散は、 東京国立博物館の小野塚拓造の提唱している「紀元前1200年のカタストロフ」前後でのサプライチェーンの
大きな組み換えと深く関係しているんだと思う。

99: ニュース検討中@自治議論スレ 2019/03/21(木) 12:28:44.36 ID:KbL6xUVx
日本の場合、縄文原住民系のY遺伝子であるD1b系統が4割程度で、弥生
系のO1b系統と同じくらい残っているし、縄文より古いC1系統なんての
も地域によってはそこそこ残っている。

つまり、侵入された側の男性も皆殺しにはなっていない。大陸ではD系統
なんて山岳部のチベット除いてO系統に駆逐され、ほぼ残っていない。

103: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/21(木) 18:56:35.15 ID:LOgV/rDm
ハプロDNAではなく、SNPなどの大規模ゲノム解析でないと
集団についてはなんともいえない

105: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/21(木) 21:37:24.08 ID:GbryA0v8
>>103
10年ぐらい前はハプロ研究全盛だったが
ここ数年で常染色体研究に軸足が移っている
今ではハプロはほんの添え物程度

106: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/21(木) 22:06:30.88 ID:zokupe21
>>105
次世代シーケンサーの普及で、学問の眺めの地平が全く一変してしまったな。

100: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/03/21(木) 13:09:09.81 ID:GbryA0v8
4500年前に大量流入したステップ集団のY遺伝子ハプロはR1bが大半と推定されている

現在のスペインのR1bの比率
スペイン全体  69%
アンダルシア  58.5%
アラゴン     60.5%
カスティリャ   64%
カタロニア    66.5%
ガリシア     57%
バスク      85%

バスク人が際立って高い
ピレネーから遠ざかるほど低くなっている
カルタゴの支配、ローマの支配、ゲルマン人の侵入、イスラム教徒の支配
これらがスペイン各地域における遺伝子面での多様性を生んだと言うことなのだろう

引用元:http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1552970866/


こちらの記事も読みませんか?