1a5e1f13c062463ea1c784696ba62f97

引用元:キーアイ



1: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)01:59:47 ID:12r
ミシャグジとかアラハバキとか
やっぱ大和朝廷と対立してた異民族の神様で神道とは別のルーツなんかな?

2: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:00:45 ID:12r
ミシャグジさま

ミシャグジとは中部地方を中心に関東・近畿地方の一部に広がる民間信仰で祀られる神である。

全国各地にある霊石を神体として祀る石神信仰や、塞の神・道祖神信仰と関連があるとも考えられる。


引用元:Wikipedia

3: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:01:16 ID:12r
アラハバキ

アラハバキとは、東北地方を中心に古くから庶民の間で信仰されてきた日本の民間信仰的な神の一柱で、アラバキとも呼ばれます。

荒脛巾・荒吐・荒覇吐・阿羅波比・阿良波々岐など表記はさまざまですが、信仰の厚い東北地方を始め、アラハバキを祀る神社は全国にあります。


引用元:アマテラスチャンネル49

5: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:01:43 ID:7py
ぬっぺふほふ

11: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:03:38 ID:12r
>>5
江戸初期に駿府に現れた記録が残ってるんだよな

補足

Suushi_Nuppeppo

ぬっぺふほふまたはぬっぺっぽうは、『画図百鬼夜行』や『百怪図巻』などの江戸時代の妖怪絵巻にある妖怪。

顔と体の皺の区別のつかない、一頭身の肉の塊のような姿で描かれている。


引用元:Wikipedia



6: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:01:47 ID:twQ
殺したら陰部から穀物出した神様おったよな

19: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:05:24 ID:f4N
>>6
しかも客人にためにケツや鼻から食い物出してたで

8: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:02:21 ID:rrq
>>6
保食神
記紀の神やな

「保食神(うけもちのかみ)」とは

『古事記』には登場せず、『日本書紀』の神産みの段の第十一の一書にのみ登場する。神話での記述内容から、女神と考えられる。

保食神は、陸を向いて口から米飯を吐き出し、海を向いて口から魚を吐き出し、山を向いて口から獣を吐き出し、それらで月夜見尊をもてなした。

月夜見尊は「吐き出したものを食べさせるとは汚らわしい」と怒り、保食神を斬ってしまった。それを聞いた天照大神は怒り、もう月夜見尊とは会いたくないと言った。それで太陽と月は昼と夜とに別れて出るようになったのである。


天照大神が保食神の所に天熊人(アメノクマヒト)を遣すと、保食神は死んでいた。保食神の屍体の頭から牛馬、額から粟、眉から蚕、目から稗、腹から稲、陰部から麦・大豆・小豆が生まれた。

天熊人がこれらを全て持ち帰ると、天照大神は喜び、民が生きてゆくために必要な食物だとしてこれらを田畑の種とした。


引用元:Wikipedia



7: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:02:08 ID:PkL
目から産むとかなんなん

96: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:44:02 ID:syx
無限に食べ物作れる(ただし食物はケツから出る)

12: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:03:43 ID:LHC
土着信仰が多めやからもう語り継ぐやつがおらんのやろ

13: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:04:23 ID:12r
>>12
代々語り継いでる一族とかめっちゃロマンあるわ

18: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:05:17 ID:LHC
>>13
ロマンあるけど大部分が途絶えてしまったんやろな
ミジャグジ様なんかその代表例ちゃう?

15: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:04:30 ID:rrq
おおよそ日本の神は四種に分類できるらしいで
古典の神、人神、民俗信仰の神、外来の神って感じで

24: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:07:30 ID:12r
>>15
古典の神の例が記紀に出てくる神で
人神が太宰府天満宮や靖国神社
民俗信仰がミシャグジやアラハバキ
外来の神は七福神
って感じかな?

27: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:08:55 ID:rrq
>>24
せやな
付け足すと古典の神は古くから大和朝廷に属してまとめられた地域の神、民俗信仰の神はそこからあぶれた神って感じやな

20: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:06:18 ID:PkL
日本て悪さばっかするヤベー神様っておんの?

22: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:07:02 ID:LHC
>>20
日本の神様って基本祟り神ばっかりちゃうん

23: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:07:14 ID:rrq
>>20
アメノカガセオは古典だと悪神扱いやな
もちろん祀ってる神社もあるけど

30: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:10:03 ID:12r
>>23
アメノカガセオって又の名をアマツカミボシって言って金星のことなんやっけ?
金星は他の星と周期性が違う動きをしてるから

35: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:12:03 ID:rrq
>>30
せや
太陽=アマテラスに逆らうくらい光り輝く星みたいな扱いで悪神になったっぽい
ちな関係ないけど、君の名はサイドストーリーでちょい名前が出てくる

25: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:07:49 ID:oJJ
>>20
一般人でも神を殺したり撃退出来るのが日本のお家芸

29: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:09:19 ID:f4N
>>20
イザナミは1日1000人殺すで
そしてイザナギは1日1500人産ませる

人間の寿命の始まりや

32: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:10:29 ID:PkL
>>29
化けもんになってたイザナミさんこっわ

31: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:10:26 ID:tx5
金星と同一視される存在多くねw

venus-11022__480

37: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:13:31 ID:12r
>>31
金星=凶星っていう共通認識なんやろ

39: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:14:22 ID:PkL
あの頃から惑星の認識とか概念あんのかよすげえな

40: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:15:03 ID:2VF
惑星は普通の星と動き違うからどの文化でも注目の的やぞ

33: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:10:34 ID:tx5
ルシファーもそうやろ

42: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:17:02 ID:9nU
アマツミカボシは金星じゃないぞ

43: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:17:36 ID:12r
>>42
そうなの?

46: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:19:05 ID:9nU
>>43
何なのかよくわかってない
そもそも日本の神話で神について善し悪しなんてかかないのにハッキリ悪神と書いてあって異様だってことやな

45: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:18:31 ID:rrq
>>42
星の神の扱いやけど、強いて言うなら金星の神って扱いやろ
北極星の扱いする説もあるけど

50: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:20:55 ID:9nU
>>45
あれは後世の俗説みたいなもんやし
アラハバキは異民族っていうか北方諸民族のうちの一派ってのはほぼ確定
ミシャグジさんはまぁ…ね

58: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:23:01 ID:rrq
>>50
色んな説あるからなあ
ただ金星は明星として強い輝きを放つからそのため太陽神の敵扱いされたって説は納得できる

26: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:07:53 ID:PkL
祟り神なんて表現されるとこわいわ

34: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:10:47 ID:LHC
>>26
生贄要求してくる系なんてその最たるもんやろ
京都の祇園祭だって祟り神を鎮魂するお祭りやし

36: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:12:09 ID:PkL
イケニエって女子供多いよな

48: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:20:09 ID:LHC
日本の神様って諸外国と比べても
「生贄寄越さなきゃ暴れるぞコラ」
系だいぶ多いよな

51: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:21:27 ID:9nU
>>48
カーリー「呼んだ?」

55: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:22:19 ID:12r
>>48
どこもそうじゃないの?
ユダヤの神様だって嫉妬する神だし

21: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:06:53 ID:tx5
ナルトで大体覚えた

28: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:09:00 ID:PkL
脱いでくれるらしいアメノウズメちゃんがええな
引きこもりニートのとこに出て来てくれるかもしれんで

38: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:13:56 ID:Yd9
あまり知られてないけどチートみたいな能力もった神おるんか?

41: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:16:43 ID:rrq
>>38
うーん日本神話ってあんまバトル系やないからなあ
後世平田篤胤がアメノミナカヌシに聖書の造物主の概念を取り込んで他の神とは一線を画す超越的な力を持った神って扱いにしたとかやねえ

44: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:18:02 ID:9nU
>>38
海幸彦
潮の満ち引き操作できる

47: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:20:04 ID:PkL
中国のフッキジョカとか聖書やと人間を泥からつくったみたいな話あるよな

49: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:20:21 ID:tpo
ツクヨミとかいう名前だけの空気

53: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:22:11 ID:PkL
>>49
なんか矛でかき回した

56: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:22:41 ID:ncl
アラハバキって氷川さんとある意味同居してた神で、だから関東由来やで、たしか

75: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:28:41 ID:12r
>>56
氷川神社の中にアラハバキ神社があってアラハバキ祀ってるんやね
日本武尊の東征前に関東の住民たちが信仰してたのがアラハバキなんかな

「日本武尊(やまとたけるのみこと)」とは

440px-Yamamoto_Takeru_no_mikoto_between_burning_grass

ヤマトタケルは、記紀などに伝わる古代日本の皇族(王族)。

第12代景行天皇皇子で、第14代仲哀天皇の父にあたる。熊襲征討・東国征討を行ったとされる日本古代史上の伝説的英雄である。

引用元:Wikipedia



83: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:32:38 ID:ncl
>>75
そういう認識でええみたいやね
東征に伴って東北にひろまった、ってのがまあ主流説やなかったかな

ただ「どんな神か」はさっぱりやねん

87: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:35:21 ID:9nU
>>83
アラハバキは朝廷系の神じゃないやで
主神だったのが祀ってるグループが朝廷に恭順して結果神社で主神が朝廷系の神になって客神扱いで祀られるようになったって説
神っていうか元々人だったのを神格化した説もあるし

81: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:32:28 ID:9nU
>>56
東北やで

89: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:36:06 ID:ncl
>>81
それ、『東日流外三郡誌』の影響下にある説やで、たしか

91: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:40:53 ID:9nU
>>89
少なくとも関東にはアラハバキ祀ってる神社ほぼないで
君らが採ってる説が真ならもっと色んな所にあってええはずや
因みに個人的に一番謎なのが寒川神社の寒川ヒコとヒメ命

「寒川神社(さむかわじんじゃ)」と祭神

560px-The_Samukawa_Shrine_02

現在の祭神は以下の2柱で、寒川大明神と総称される。

2柱とも記紀には記載がなく、詳細は不明。


引用元:Wikipedia



92: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:41:54 ID:QZH
>>91
これほんま謎やな

97: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:45:41 ID:9nU
>>92
個人体にはやはりアラハバキは土地の豪族なり統治者の祖先神かなんかをシンボライズしたものだと思うんご
んで朝廷に恭順してって…って感じ

79: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:31:16 ID:QZH
氷川神社は出雲系氏族が武蔵に移り住んで建てた神社で、語源的には島根の斐伊川からきてる
祭神もスサノオ
だけど何でアラハバキとスサノオが対立せず同居できたのかは謎やな

129: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)08:49:56 ID:Pzo
もしかしたら複数の蛇神を1つのグループとして祀ってたのかもね
ミシャグジ様とかアラハバキとか、各々豊穣だったり天候だったり
それが名前と役割がバラバラになってお稲荷様とかに役割が再分配されたとか

氷川神社で素盞嗚尊と共に客人神として祀られてるのは
高天原から追い出された素盞嗚尊の立場にも関係してたりしないかな
かじった程度の知識で書いてるけど

59: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:23:28 ID:BU3
女が最高神って珍しくない?
日本は初期からフェミニストにむしばまれてたんやろな

67: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:25:17 ID:9nU
>>59
土着信仰は女神が多い

63: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:24:46 ID:tpo
>>59
女社会やから
昔は女から誘うものだったんやで

76: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:29:56 ID:ncl
>>59
社会が発展していくにつれて、
具体的には生産手段が整うにつれて、そして衛生状態が向上してある程度人が死ににくくなるにつれて、
子を産む女性から長時間働いて恩恵を生む男性上位に変わってく

日本はこの過程で文明度アップイベントが発生(渡来人の土着化)して、社会変化を神話に反映させる暇がなかった表れらしい

65: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:25:04 ID:rrq
>>59
元はアマテルって男神だったのが女帝統治時代に主神に格上げされる際女神になった説もあるで
元は太陽神に使える巫女がそのまま昇格して太陽神になった説もあるし

60: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:23:45 ID:9nU
そもそも皇室自体アマテラス祀ってなかった説あるし

68: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:25:47 ID:QZH
最近の神話学で言われてるのは最初はアマテラスではなくタカミムスヒが最高神だったと

72: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:27:15 ID:rrq
>>68
日本書紀やと天孫降臨や神武東征で活躍するのはその名残なんやろなと個人的には思ってる

69: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:26:24 ID:9nU
そもそも最高神とかいうのが結構後の考え方だしなあ

117: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:14:49 ID:oJJ
天照によって主神はアマツカミになったけどそれ以前はヨモツカミやったしな

70: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:26:58 ID:ncl
沿岸航行の日本じゃあんま星の神様目立たないんやけどな
(天之御中主も大陸系やないか言われてるし)

日本じゃオオヤマツミみたいな山の神になる

80: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:31:25 ID:rrq
>>70
アメノミナカヌシがは中国の天帝思想に影響受けて後から神話を編纂するに当たって創作された説が有力やな
古い時代の神社にアメノミナカヌシ祀る神社は少なくて、のち妙見信仰と習合してから民衆に広まったとか

74: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:28:17 ID:QZH
>>70
住吉三神は海神だけど星の神だって説があるな

73: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:27:29 ID:QZH
あと天津甕星を金星に比定したのは平田篤胤やな
だから本当はなんなのかよくわからない

64: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:24:56 ID:ILt
記録媒体もろくにしっかり残せないから伝え間違いとかめっちゃありそうやんな
それでも残ってるってのはすごいことンゴねぇ…

71: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:27:01 ID:Y9p
ワイ「はっぴゃくまんの神々って大杉ィ」
トッモ「やおよろず」
ワイ「はっぴゃくまんの…」
トッモ「やおよろず」
ワイ「?w」
トッモ「八百万でやおよろずって読むんだよ」

ワイ(日本語ってクソやな)

82: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:32:33 ID:PkL
日本のヘビ信仰ってやっぱインドの影響なんか

84: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:33:08 ID:QZH
>>82
大神神社とかかなり古いし土着やない

86: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:35:02 ID:PkL
>>84
各地にあるよな家の守り神になるからアオダイショウは放置とか
かなりデカいヘッビやで

101: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:50:56 ID:12r
>>82
蛇神信仰は世界各地にあるよね
脱皮する姿が一度死んで生まれ変わるように見えるから復活や生命力のイメージになりやすいんよね
アスクレピオスの杖にも巻きついてるし
蛇が悪のイメージなのはキリスト教だけや

122: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:24:05 ID:O4R
ワイの地元には国常立尊って神が眠ってるって言う山があるわ

123: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:24:40 ID:O4R
国常立尊ってどんな神なんや?

124: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:26:45 ID:Yxx
>>123
記紀の最初に出てくる神
造化神とか根元神の扱いやな

125: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:30:30 ID:O4R
>>124
サンガツ
以外とエラい神様なんやな
知らんかったのが申し訳なくなってきたわ

88: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:35:35 ID:rrq
個人的に気になってるのはクニノトコタチなんやが、あれどっから来たんやろ
日本書紀やと本文でも一書でも最初らへんで必ず出て重視されとるし、

「国之常立神(くにのとこたちのかみ)」とは

日本神話に登場する神。

日本神話の根源神として一部神道・新宗教で重要視されている。『日本書紀』においては、初めての神とされる。

引用元:Wikipedia



90: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:37:07 ID:QZH
>>88
吉田神道のイメージしかないわ

98: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:45:42 ID:12r
>>88
大本教のイメージ
出口王仁三郎は最高神をクニノトコタチにしたために
当時の天照大御神を中心にする国家神道を脅かすからって戦中に大本事件で弾圧されたんよね

100: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:50:17 ID:Yxx
>>98
近代やとそれが有名やなあ
ただ、国ってところからして、アメノミナカヌシみたいな天の思想の中国神話由来とは違う気がするんや

102: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:51:12 ID:9nU
>>100
普通にヒンドゥーとかじゃね

105: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:56:10 ID:oQZ
>>100
普通に日本古来の神やろ
古い時代からいる創造神

93: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:42:19 ID:c8J
正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命すき

94: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:43:15 ID:rrq
>>93
誓約に勝った感がまんま出とるよな

95: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:43:31 ID:QZH
>>93
名前が強そうなのにクッソ臆病

104: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:54:47 ID:ncl
蛇に関しては「セグロウミヘビ」ってのがおってな

コイツの影響か、太平洋には蛇絡みの説話が結構多いみたいやで

たしか出雲大社のお使いの一つやなかったかな

106: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:56:44 ID:12r
>>104
はえーめっちゃ神々しいやん
no title

107: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:00:19 ID:ncl
ちなみにセグロウミヘビについてはナショジオのコイツ参照

セグロウミヘビ、「漂流」で太平洋を横断か

ph_thumb

手足がなく細長い体の爬虫類が、海流に乗るだけで大洋を旅していることを示す新たな証拠が見つかった。

引用元:ナショナルジオグラフィック


海の民とともにいたのかもしれんね

109: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:03:55 ID:12r
>>107
蛇のくせに外洋を横断できるんやな
すごい

108: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:01:53 ID:9nU
ワイはアマテラスが天皇とは別の民の神だった説を採るンゴ
皇祖の神の話で多いのは海にまつわる逸話 んで神武天皇のお母さんも鮫 いわゆるワダツミを祀ってたんではないかと思うんご
んでなんかあって太陽神祀ってる民(多分卑弥呼らへん)と統合・合併したんではと思うんごね
そうすると旧唐書にある日本は倭国の別種也と符合するんごね

110: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:04:00 ID:oQZ
>>108
卑弥呼=天照説もあるよな

112: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:05:02 ID:9nU
>>110
せやな
そもそも卑弥呼個人名じゃない説あるし 日見/巫女だとか役職名ってのは多く言われてるんごね

113: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:06:14 ID:qZ9
邪馬台国はやっぱ畿内じゃなかったんやろな

114: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:08:33 ID:oQZ
>>113
でも邪馬台国って読み方ヤマト国やろ?
名前だけ大和政権が受け継いだんかな

126: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:34:48 ID:ncl
>>114
実は魏志倭人伝では「邪馬『壹』國」と記されてるんや

「壹は臺の誤字や」いう力技が通説になってる
(正直結論先にありきでええんかこれ、という気が凄いするんやが)


関連記事

卑弥呼の国を潰したのが今の天皇家 : Question. -クエッション-

115: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:10:20 ID:QZH
逆に神話に名前があってもどこの神社にも祀られない神もいるよな
イヅノメとか

116: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:11:58 ID:oQZ
津速産霊神も祀られてる神社知らんな

119: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:16:14 ID:qZ9
>>116
天神社
奈良県大和高田市三和町。
祭神:高皇産霊神、神皇産霊神、津速産霊神
だそうな

121: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)03:21:06 ID:oJJ
安倍晴明「なんかいつの間にか神になってたわ」

52: 名無しさん@おーぷん 19/07/02(火)02:21:36 ID:ncl
日本の神々は、いろんな地方の土着神だけじゃなく、色んな地方の世界観・自然観をごった煮にした上に、
文明発展途上でより発展した文明と出会ってしまったことで
本来なら文明発展とともに消えていくような類例の神と文明発展してから登場する神が混在した状態になってるみたいやで

神話学的にかなりめんどくさい(それでいてちゃんと他の類例がしっかり残ってる)構造になってるそうや(体系化されているわけではない)

引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1562000387/



関連記事

日本人の宗教観ってめちゃくちゃだよな : Question. -クエッション-

こちらの記事も読みませんか?