luz-fuertes-LA9iLyR_Hpo-unsplash


6: クエッション 2020/07/24(金) 19:21:21.908 ID:9uHNJW8Y0
472 風吹けば名無し[] 2019/11/01(金) 00:58:52.83 ID:K91lJVDO0

まだ宮崎の田舎に住んでた小学校3年の時、姉と2人で『マザー2』ってゲームにハマってたんだ。
俺ん家は「ゲームは土日に3時間だけ」って面倒な決まりがあって、普段スーファミのカセットは居間に封印してあるんだが、このゲームだけはどうしても我慢できなかった。
幸い自分の部屋にはスーファミ本体とテレビがあったので、夜中にこっそり居間にカセットを取りに行っては、姉と『マザー2』をやり込んだ。
んで実際にプレーするのは俺。姉は隣りでお菓子食べながら見てて、俺が詰まると色々と知恵出してくれるアドバイザー。俺より2つ年上だったんで凄い頼りになった。
今でもハッキリ覚えてるが、その頃はゲップーって敵に大苦戦してて、ひたすらレベル上げしてたんだ。はえみつ使えば楽勝だって事も知らずにな。

時間は大体午前1時、丁度今位の季節で寒かったので毛布にくるまってゲームしてた。必死にザコと戦闘してる時、姉が不意に
「タケ、テレビ消して」
て言ってきた。俺は訳がわかんなかったから焦って
「何で?眠いの?じゃあコイツ倒したら戻ってセーブするからちょっと待ってよ」
と返した。が
「ゲームの電源は切らなくていいから…テレビ消しな」
姉は締切ったカーテンの方を見ながら静かに呟いた。俺は少し怖くなってテレビを消して布団に潜り込んだ。

8: クエッション 2020/07/24(金) 19:22:28.981 ID:9uHNJW8Y0
「どうしたの?」
恐る恐る聞くと、姉は息だけの声で囁いた。
「庭の方で足音が聞こえる」
俺ん家は周りをジャリに覆われていて、人が歩いたりすると「ジャッ、ジャッ」て音がするからすぐわかるんだ。
俺はゲームに夢中で全然気がつかなかったけど、姉は結構前から気付いてたらしい。で、余りにも立ち去らないから俺にテレビを消させたんだと言っていた。

9: クエッション 2020/07/24(金) 19:22:57.457 ID:9uHNJW8Y0
うつつまくらとは、漫画『ドラえもん』に登場する道具(ひみつ道具)である……かもしれない。
同名のエピソード(「うつつまくら」、てんとう虫コミックス第5巻収録)で登場する。「夢と、ほんとをとりかえ」る道具だという。様子を見るに、横についているダイヤルを調節することで夢の内容を変えられるらしい。
新学期初日の朝、早起きをして、宿題は全部終わり、学校の支度を済ませてもまだ時間があるので、予習を始める……という夢を見たのび太。
ドラえもんに起こされてみると、夏休み最終日、宿題はひとつもやっていない。
せっかくの夢を邪魔されたのび太は泣きわめく。
すると、「悪いことしたなあ」と、ドラえもんは「うつつまくら」を出す。「うつつまくら」で再び眠りにつくのび太だった。

10: クエッション 2020/07/24(金) 19:23:49.552 ID:9uHNJW8Y0
再び目を覚ますと、元の夢の通り、宿題も終わっている。登校したのび太だが、遅刻もせず、宿題もしっかりやってあるのにどうにもみんなに信じてもらえない。
不愉快になったのび太は、「うつつまくら」で一度は元の現実に戻るが、やはり宿題は面倒。そこで、もう一度「うつつまくら」を使用し、自分が天才となった現実をみる。
天才となったのび太は皆に尊敬され、取材の記者が殺到し、総理大臣が自ら会いたいというほどの存在に。
しかし、そんなのび太の下に××国のスパイが現れ、命を狙われる。のび太はあわてて今の状況を夢にしようとし、スパイに気絶させられながらもどうにかうつつまくらを使うことに成功した……。

11: クエッション 2020/07/24(金) 19:24:13.574 ID:9uHNJW8Y0
ドラえもんに起こされて目を覚ますのび太。
どうにか助かったようだが、宿題を確認するとやっていない。
あわてて「うつつまくら」を出すようドラえもんに飛びつくが、ドラえもんはそんな道具を知らず、しかもまだ夏休みは半分以上残っているという。
今まで経験してきたどれが夢なのかわからず、混乱するのび太であった。

12: クエッション 2020/07/24(金) 19:24:33.229 ID:9uHNJW8Y0
378 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/03/27(火) 16:36
 
敷地内の渓泉会館は、よくクラブ活動の合宿にも利用されているが、非常に気味の悪い絵画が飾ってある。
巨大な牛と、その傍らに横たわる妙に蒼白い子供。
絵の意味は不明だが、どうやら「牛の首」という非常に恐い話に関係があるらしい。

 「牛の首」とは、今から25年ほど前に当高校の数学教師だけが全てを知っていた怪談。
当時先生は生徒を数名ワゴン車に乗せて、移動中に恐い話をしていた時の事である。
さんざん恐い話を聞かせたあげく、最後にとっておきの「牛の首」という話をはじめた。
しばらく静かに聞いていた生徒達も次第に恐怖が限界に達し、
「先生!もうやめて!!」と耳を塞ぎながら各々が叫びはじめたが、
先生は面白がって生徒の訴えを無視し夢中になって話続けた。

14: クエッション 2020/07/24(金) 19:25:24.911 ID:9uHNJW8Y0
そして、ふと車内が静かになっているのに気付き、後ろを振り返ると生徒全員が口からアワを噴いて失神していたのだ。
あまりの恐怖に気を失ったらしい。
それ以来この先生は二度と、この「牛の首」の話を口にださなくなった。
私が在学中の頃、この先生に「ねぇ、牛の首って話ご存じですか…」と話かけると、
急に先生の顔色が変わり「一体どこから聞いた?!そんな話は知らん!!」
それっきりこの「牛の首」は謎のまま。渓泉会館の絵もどうやら関係あるらしいのだが深くまでは解らない。
また、今でも、クラブの合宿中に絵の飾ってある部屋で泊まると不思議な出来事が起きている。

24: クエッション 2020/07/24(金) 19:32:19.840 ID:9uHNJW8Y0
98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 01:00:43.36 ID:eGI6GdomO 
 
全く知らない人に呼び止められて「○○くんだよね?」って、言われる事が今までで3回あったくらいかな


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 01:04:42.51 ID:LtldsCnd0 
 
>>98
そういうのならある

中学のときに早朝新聞配達してたら「○○(俺の名前)くんだよね?あたしのこと知らないっしょ?」って同年代の女の子に声かけられた
知らなーいって感じで適当に流したけどそれいこう全く会ってなくて誰だったのか気になる


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 01:07:43.61 ID:eGI6GdomO 
 
>>111
本当にそんな感じ
おっちゃん、おっちゃん、女の子の3回
全然知らないのにちゃんと名前合ってるから気味悪いなー、って思った

16: クエッション 2020/07/24(金) 19:27:52.304 ID:9uHNJW8Y0
512: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/02/06(月) 01:01:57.50 ID:NIrIfUwp0 
 
ずっと前、中学からの友人と久しぶりに食事をしていると友人の友人(またややこしくなるからKで)Kとその彼女・・・らしき人物に会った。
勿論俺は初対面で、さして知り合いでもない(当然か・・・)ので挨拶を交わす程度だった。
ある夜中学の友人から電話があって、暇だった俺はそのまま友人の元へ。
そこにはKとその彼女と友人。実はKの彼女が大の心霊好きらしく、今から近辺のスポットへ行くということなのだ。
残念ながら友人は親から外出禁止令なるものが出されていたのでいけない。そこで俺を呼んだらしい(考えてみれば迷惑だ)。
Kは免許を持ってないし、持ってるのは俺。なるほど、俺は運転手。興味なかったけど、俺は友人の車を借りて例のスポットへ向かった。
暫く走らせてるとKの彼女がトイレに行きたいと言い出した。
かといって、辺りに店のようなものは少なく、もうすぐ例のスポット。
「引き返そうか?」と言った矢先、通りにコンビニが見えた。
個人経営のようで、○○(名前思い出せん・・・スマソ)と書いてあった。灯りも付いている。
「あそこ、あそこ」
俺は車を寄せて車の中で待ってることにした。Kの彼女が降りると、Kも降りておにぎりとか買ってくると言って店の中に。
考えてみれば俺が一番怖かったのだが、車の中だしいざとなれば逃げることも出来る。
10分・・・30分。結構時間が経ったのに2人はなかなか戻ってこない。心配になったのと怖さで俺は車を降りようとドアノブに手をかけた。
すると、店から彼女が出てきた。彼女だけが。
無言で車の中に乗り込むと、急に泣き出した。俺は困ったけど、どうしたらいいかわかんないし、おまけにKが帰ってこない。
「俺、ちょっと店行ってくるよ」って言うと彼女に「ダメ!」と怒鳴られた。
パニック状態だったのでひとまず俺と彼女は一番近くのセブンまで走って友人に連絡。警察に連絡した。

次の日、例の店付近で男性の失踪事件として地元の新聞に記事として載った。
Kはまだ見つかってない。
Kの彼女も・・・そのことを聞くと無口になる。
少なからず俺も関わったことだから、知りたかったのだが、彼女曰く知らないほうがいいらしい。
・・・もう随分Kの彼女とは会っていない。

('A`)長いうえに怖くないなスマソ

21: クエッション 2020/07/24(金) 19:30:21.966 ID:9uHNJW8Y0
150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 01:24:36.26 ID:kFys47hN0 
 
・小学生の頃の俺の話。
親の離婚とかで引っ越しが何回も続いた。
小二の時にある母子寮の二階に引っ越した。ダンボール空けて荷物整理してた俺は、
トイレに行きたくなって階段横の共同トイレに向かった。
トイレまでの道は部屋の扉を空け、左、突き当たりを左、右、右。下り階段の左にある。
北斗七星を反転したような道のりだ。
俺は部屋を出てトイレに向かった。
左、まっすぐ、左…を向いた瞬間。俺は目を疑った。巨大な黒いクモがいた。
アシダカやオニグモなんてレベルじゃない。
全長2メートル程の巨大クモ。俺は一秒ほど立ち止まったのち、全力で部屋に戻った。
一階の事務所から帰ってきた母にその話を泣きながらした。
信じてもらえず、いっしょにトイレに向かった。
用を足し、何事も無く部屋に学食戻る。
さっきの大きなクモはいなかった。
結局、俺が引っ越し後の不安から見た幻覚という結論になった。
だが8年たった今でもはっきりと覚えている。
いったいあれはなんだったのか。
ただの幻覚なのか?それとも…

22: クエッション 2020/07/24(金) 19:30:45.506 ID:9uHNJW8Y0
153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 01:26:21.91 ID:encDiQVM0 
 
小学校の時に砂場にクラゲみたいなのがいた

23: クエッション 2020/07/24(金) 19:31:45.815 ID:9uHNJW8Y0
146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06(日) 01:20:17.87 ID:1eU1NRSm0 
 
長文だが、こないだ体験した話
帰省のために福岡から大阪への夜行バスに乗った
俺はいつも、夜行バスに乗る前にビールを飲み干しておいて、乗ったらすぐに眠るようにしている
だからその時もバスに乗って、アイマスクをしてスリッパに履きかえたらすぐに眠ってしまった
いつもならそこから兵庫くらいまで爆睡しているのだが、なぜだかその時はふと目が覚めた
バスはどうやら止まっているらしく、どこかのSAで休憩中のようだった
俺はトイレでも済まそうと思ってアイマスクを外してギョッとした、暗い明かりで照らされた車内に誰もいなかったからだ
SAに止まったからといって、乗客の全員が社外に出るなんて普通あり得ない
寝てるおっさんや運転手の人がいるのが普通のはず
変だな~と思って外に出ると、バスが止まっているところから施設までの距離が妙に遠い
うまく例えられないけど、駐車場が校庭の端から端の二倍くらいはあったと思う
俺は面倒だったが停車時間が長いのを恃みにバスの位置を確認しながらトイレに向かった
遠くに見える施設の光が、今考えると気持ち悪かった
やっとの事でトイレについて用を済まして、買い物でもしようかと思ったんだけど、コンビニはしまっていて、薄暗い売店には、俯いたレジの爺さんと濡れ花とかいうお菓子くらいしか売ってない
人が少なくてラジオも流れてない施設が気味が悪くて、バスに戻ろうと駐車場にでると、空いた駐車場に続々と車が入ってきている所だった

25: クエッション 2020/07/24(金) 19:32:52.313 ID:9uHNJW8Y0
2008年05月12日
悪魔
母の日に私は悪魔になってしまいました。産んでくれた母に生きている意味を聞いてしまいました。母の涙が、私の涙が止まりませんでした。母の涙が耳の奥で響いているのです。

2008年05月14日
やっぱり
自分の気持ちが伝えられないのは寂しいですね
こっそり書いてしまいました。頑張って仕事行ってきます。

2008年05月16日
この頃体調が悪く、元気がないなか、仕事を下さった方、一緒にして仕事をして下さる方、みなさんに感謝の気持ちと元気になりました。と報告したく、書かせていただきました。これからもよろしくお願いします。

2008年05月17日
喝!
うーん 体がまだ元気!といかないようです。中国四川大地震では多くの方が一生懸命生きているのに!情けない 今日もがんばらないと!

2008年05月19日
おはよう
おはようの挨拶したくて…おはよう

26: クエッション 2020/07/24(金) 19:33:33.220 ID:9uHNJW8Y0
264: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2011/11/06(日) 03:00:55.12 ID:DyBTswG80

個人経営の店の夜勤バイトやってるんだが、「いらっしゃいませ 」って言う機械あるんだけど、

夜中の3時くらいに、店に誰もいないのに突然「いらっしゃいませ」って反応した時はさすがにビビった

基本一人体制だから怖くなって客来るまで外にいたわw w w w w w

34: クエッション 2020/07/24(金) 19:41:36.586 ID:9uHNJW8Y0
1951年の5月、フィリピンのマニラ。
ある裏通りをパトロール中だった警官に、いきなりある女性が
走り寄って来て腕にしがみつき、助けを求めてきた。
「助けて下さい!誰かが私に噛みついてくるんです!」

助けを求めてきたのは18歳の娘で、クラリータという女性だった。
だが警官がよく聞いてみると、噛みついてくるといっても相手の身長も顔も服装も分からない。
男か女かさえ分からない相手が噛みついてくるというのだ。
聞き終わった警官は、クラリータを麻薬中毒患者かいたずらだと思い、まともに相手をしなかった。
だがクラリータは必死で訴え続ける。

「嘘じゃないわ!ほら!この傷を見てよ!8カ所も噛んだ傷があるでしょ!」
クラリータがあんまり熱心に訴えるので、とりあえず警官は警察署へ連行した。

ところが、警察署の一室に入ると、クラリータがまた叫び声を上げた。
「ほら!またあそこにいるわ!黒い何かが私に噛みつこうと迫ってくる!助けて!助けて下さい!」

言い終わった瞬間、クラリータは床の上につまづいて倒れ、そして今度は警官の見ている前で、
肩と腕に噛み傷がいくつも現れ始めたのである。その傷からは血がにじみ出て、
唾液のようなものがべっとりとついていた。

さすがにこの光景を見ては警官も信じざるを得ない。
その場にいた全員が青ざめて、すぐに警察署長と検察医が呼ばれた。
署長も検察医も、最初は全く信じなかったが、クラリータの身体を見てみると全身に
10カ所以上の噛み傷があり、しかもそのそれぞれに血がにじみ、首の後ろにまで噛み傷があったことから、
「これは狂言や芝居ではない。」と悟ったようだ。

35: クエッション 2020/07/24(金) 19:42:03.779 ID:9uHNJW8Y0
事件を目撃した警官たちが熱心に主張することもあって、
クラリータはこの晩、警察署に泊まることになった。
そして翌朝、クラリータはまた悲鳴を上げた。

「キャー!! またあの怪物が噛みついてくるわ!!」
叫びながら逃げまどうクラリータを警官が飛びついて両側から押さえつけた。
しかし、次の瞬間、クラリータの手に傷跡が現れ、そしてついには、首筋から血がにじみ始めたのだ。
警官達も見えない怪物に挑みかかってみたが、まるで手応えがない。

36: クエッション 2020/07/24(金) 19:43:00.275 ID:9uHNJW8Y0
ハーメルンの笛吹き男
1284年、ハーメルンに「鼠捕り」を名乗る色とりどりの布で作った衣装をまとった男がやって来て、
報酬と引き換えに街を荒らしまわるネズミの駆除を持ち掛けた。
ハーメルンの人々は男に退治の報酬を約束した。すると男は笛を取り、
笛の音でネズミの群れを惹き付けると、ヴェーザー川におびき寄せ、ネズミを残さず溺死させた。
ネズミ退治が成功したにもかかわらず、ハーメルンの人々は約束を破り、笛吹き男への報酬を出し渋った。
怒った笛吹き男はハーメルンの街を後にしたが、6月26日の朝(一説によれば昼間)に再び戻って来た。
住民が教会にいる間に、笛吹き男は再び笛を吹き鳴らし、ハーメルンの子供達を街から連れ去った。
130人の少年少女が笛吹き男の後に続き、洞窟の中に誘い入れられた。
そして、洞窟は内側から封印され、笛吹き男も洞窟に入った子供達も二度と戻って来なかった。

物語の異説によっては、足が不自由なため他の子供達よりも遅れた2人の子供、
あるいは盲目と聾唖の2人の子供だけが残されたと伝えられている。

39: クエッション 2020/07/24(金) 19:49:05.961 ID:9uHNJW8Y0
774: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 04:57:15.45 ID:gvP4JS+wO 
 
5、6年前にパリの地下に広大な空間が見つかったっていう報道があったな
住宅や映画館まであったけど、住人は一人も見付からなかったけど、
「我々を探すな」という書き置きが残っていたとか

40: クエッション 2020/07/24(金) 19:49:47.180 ID:9uHNJW8Y0
821: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 05:21:43.34 ID:gvP4JS+wO 
 
中学の担任が脱線話で言ってたが、人間を暗い牢にぶち込んで
時間が判らない様にして生活させると、1日のサイクルが
1時間くらい長くなるらしい
だから人間は実は地球以外の星からやってきたんじゃないかとか

42: クエッション 2020/07/24(金) 19:50:26.481 ID:9uHNJW8Y0
87: 名無しさん@おーぷん 19/12/23(月)23:06:48 ID:xQ5 
 
お祭りの時にお兄ちゃんと手を繋いでたつもりが
いつの間にか知らないお兄さんに手を引かれてた
綿菓子買ってもらった

43: クエッション 2020/07/24(金) 19:50:47.929 ID:9uHNJW8Y0
108: 名無しさん@おーぷん 19/12/23(月)23:11:26 ID:mzA

初代ポケモンでセレクト入れ替えでいろいろ遊んでたけど一回聞いたことのないBGMが流れたな
最初から始めるときに流れるBGMをスローテンポにした感じやったわ
もう一回聞いてみたくていろいろやったけど結局一回しか聞けなかった

51: クエッション 2020/07/24(金) 19:58:34.799 ID:+t4wcZ+i0
45:世界@名無史さん:2010/09/16(木) 23:51:04 ID:O

晋書劉聡載記に気味悪い話が…

巨大な肉の塊が落下し、その周辺に泣き声がしていて昼夜やまなかった
皇后劉氏が蛇と猛獣を産み、これらは人を害しながら逃亡して行方不明となり、その後肉塊の傍らで見つかった
突然劉氏が死亡し、肉塊は消え失せて泣き声も止んだ

52: クエッション 2020/07/24(金) 19:59:49.904 ID:+t4wcZ+i0
157:世界@名無史さん:2010/10/25(月) 23:26:03 ID:0

ラザロ兆候

ラザロという男性が脳死判定された直後
身体を切り刻まれ臓器移植を開始したときの動画

脳波停止しているのだが
動画を見ると明らかに激痛を嫌がっている

医者は脊髄反射と言うが本当なのかはラザロにしかわからない

どういうわけか
この動画があちこちから削除されている

57: クエッション 2020/07/24(金) 20:13:21.309 ID:+t4wcZ+i0
1: 風吹けば名無し 2019/12/19(木) 02:28:06.71 ID:sNLZwQHW0

昔のテレビ「ピー!!!!ピー!!!!異常ではありません」

テレビ「このメッセージが観れているのは異常があります。直ちにお電話ください 000000000」

みたいなやつあったよな なんやったんやあれ

58: クエッション 2020/07/24(金) 20:14:07.467 ID:+t4wcZ+i0
79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/02/06(月) 04:02:12.30 ID:GHZbWxv00

同じ画像なりマークなりを毎日見せることによって、
それがあっても、それが目に付いてもおかしくない、
不自然ではない状態にすることは洗脳の第一歩だよ。

仮にこの画像に普通では視認できないメッセージが刷り込まれていたらどうする?
連日連夜、気づかれないように少しずつ少しずつメッセージを刷り込んでいくんだ。
時々、突然気分が悪くなったり、めまいがしたことはないか?
金縛りにあったことは?
お昼ごはんを食べたことを忘れたことは?
大きな都市が丸ごと停電する夢を見た経験は?
球形プラズマ、蜃気楼、観測気球、写真に撮るとしたらどれ?
マンテル。チャイルズ・ウィッティド。その次は?

『アルミホイルで包まれた心臓は六角電波の影響を受けない』というフレーズ知ってる?
螺旋アダムスキー脊髄受信体って言葉に聞き覚えはある?
さっきからずっとあなたの後ろにいるのは誰?

59: クエッション 2020/07/24(金) 20:18:52.982 ID:+t4wcZ+i0
576: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/02/06(月) 01:49:42.98 ID:2MZH6TBP0

バイトしている本屋で、ただボーっと突っ立ってる客がいた
ふと目を離すと、店員の誰かの近くにいつの間にか近寄ってボーっと立っている
そんなことが3時間も続いたのち、いつの間にやら忽然といなくなっていた
それだけならただのちょっと気持ち悪い客なのだが、後で皆に話を聞くとこの客が歩いているところを誰も見ていないと言う

監視カメラを見直してみると、店員全員の目が離れている間だけこの客が動いているのがわかった
まさに店員全員を相手にした「だるまさんがころんだ」
おそらく近くにある精神病院の患者さんだろうという憶測が立てられてるけど、気持ち悪いので誰も確認を取ってない
実害が無いので放置していますが、今でもたまに来ます

67: クエッション 2020/07/24(金) 20:23:04.860 ID:+t4wcZ+i0
ブラックナイト衛星は極軌道近くで地球を周回しているとされる、存在の疑わしい物体。一説ではおよそ13,000年前から存在し、地球外生命に由来すると考えられている 。

70: クエッション 2020/07/24(金) 20:25:50.674 ID:+t4wcZ+i0
51: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/06/02 01:29

1.

場所は某大学病院。
救急車で搬送され目しかまともじゃなかった。到着して看護婦が
「帰れ。この野郎が」
確かに担架にいる自分に言った。同伴した姉を掴んで「連れて帰って」と一言。
先生たちが四人くらい来て「うわあー。こりゃ酷い。輸血だな」とか
そう言い出したら「ずっと呼吸が苦しそうなんです」と態度が豹変。

病棟で個室に入れられて輸血されるとき若い医者の兄ちゃんたちが入ってきて、鼻歌や
雑談し始めた。
「まじ、受けない?」
「ちょっとー、どうやってやるんだっけ」
浮かれてるようだった。

腕をつねられたんだが、医者がそんなことするわけないと思った。
更にもう一人が自分の爪をはじいたり、剥がそうとしたりした。
本当に焦った。顔を何人かで覗いたり、髪をなぜなぜしたり、手をにぎにぎ
された。腕や手首が気に入ったらしく「あー、細い細い」と力をこめてにぎられた。

71: クエッション 2020/07/24(金) 20:26:27.505 ID:+t4wcZ+i0
52: 続き 03/06/02 02:25

2.

いつの間にか輸血されてたんだけど、連中のうち一人だけが残った。
何にも言わないで顔をずっと見てた。恐くなりこっちから話し掛けてみた。
「あのー、ここは随分お医者さんがいるんですね」
無視。きっと聞こえなかったんだと思いさらに大きな声で言ってみた。
完全に無視。そのうち疲れて寝てしまった。

後日、その連中から挨拶があった。とても真面目そうでふざけたりする人間では
ない感じがした。幻覚だったのかと自分は悩んだよ。
顔を覗き込んで無視していたA先生がそのあとニコニコした態度だから更に混乱した。
きっと被害妄想だと思った。

何週間か後、どうしてもとらなきゃいけない臓器があって外科に転科した。
最初にいたのが内科でA先生も内科医。とてもいい人らしく、毎日朝晩外科にまで
きてくれた。明るくてみんなから好かれているようだった。

72: クエッション 2020/07/24(金) 20:27:05.412 ID:+t4wcZ+i0
53: 続き 03/06/02 02:48

3.

また内科の病棟に戻れと言われ戻ったんだけど、姉が担当医を変えてほしいと言う。
A先生はいいひとだと思い込んでいたので反対した。
何ヶ月か経ったある日、正月になったので病棟の患者は帰って無人に近かった。
「君は帰れないし、外出させないよ」
そうA先生から言われたので従った。

大晦日、どうにも手術したお腹が痛くなってしまい、ナースコールを何度も鳴らした。
A先生が来た。
「鳴らし方が悪いんじゃない」
いきなり寝たきりの自分の上にA先生が落ちてきた。手術後の場所に膝をたてられ
びびった。暴れたので点滴が抜けて大量に出血。
先生がナースコールを鳴らした。同僚のB先生が来て点滴をさしなおすことに。
今までにありえないくらいの激痛に腕をぶん回した。さらにベッドは血だらけ。

73: クエッション 2020/07/24(金) 20:27:47.827 ID:+t4wcZ+i0
54: 続き 03/06/02 16:41

4.

首をひねったら病室の入り口には姉と看護婦がいた。
先生たちはそれに気がつき「カンファレンスだから、またあとで点滴ね」
そう言い立ちさられた。

パジャマやベッドは血だらけだったし、切った腹の傷口はじくじくしてきた。
姉は「頭おかしいよ。絶対あいつら変だよ」とわめきだした。
看護士は無言でシーツを変えてくれた。

姉は病院にクレームを入れると騒いだが自分は反対した。あんなに良くしてくれた
A先生がおかしいはずがない。なんかの間違いじゃないかと言い返した。
「じゃあ、なんであんたの腹に膝蹴りするのよ」
返す言葉がなかった。

A先生が自分にそんなことするもんかという思いと実際にやられた恐怖が
ごちゃごちゃになってしまい胃潰瘍になった。

クレームは入れず、春には退院した。
姉が妄想しておかしいのか、自分がやられたことはなんだったのか、A先生が
おかしいのか、なんなのか、今更になって恐い話です。

退院してからけっこう恐くなった。
長文、誤字脱字すまん。
あんま、恐くないな。

89: クエッション 2020/07/24(金) 20:42:22.521 ID:+t4wcZ+i0
航空事故

事件に関する重要な記録をここに公開する。ICレコーダーによる記録である。
吹き込まれた声は、基本的に可美村(かみむら)緋那(ひな)のものだけである。

彼女は警視庁の刑事であると共に、IZUMO社航空機墜落事故の唯一の生存者である、
可美村貴代(たかよ)ちゃん(事故当時十三歳)の叔母でもある。

貴代ちゃんは事故の怪我によって、長らく植物人間状態と見なされていたが、
先日、意識をはっきりと回復していることが確認された。
会話が出来るほどには回復していないため、奥歯に電極を取り付け、
歯を噛み合わせると電子音が鳴る仕組みでコミュニケーションを可能にした。

イエスの場合は二回、ノーの場合は一回、歯を噛み合わせてもらった。
貴代ちゃんの精神安定のため、部屋には緋那さんと貴代ちゃんの二人だけである。
カメラなども設置していない。

以下が記録である。


「こんにちは」
 無音。
「私のことを覚えていますか」
 二回。
「ええ、緋那おばさんですよ。少しお話をしてもいい?」
 二回。
「今日はお日様が出ていますね。気持ちいいですか?」
 二回。
「お外に出ます?」
 一回。
「ここでいい?」
 二回。
「そう。それじゃあ、ここで」
 無音。

90: クエッション 2020/07/24(金) 20:43:40.483 ID:+t4wcZ+i0
「あのね、おばさん、事故の時の話をしたいんだけど、いい?」
 無音。
「駄目?」
 やや後、二回。
「駄目なの?」
 一回。
「いいの?」
 二回。
「それじゃ、聞きますね。貴代ちゃんは旅行の帰りだったんですね」
 二回。
「空港を出た時は何も異常はありませんでしたか」
 二回。
「他の乗客の人たちは普通でしたか?」
 二回。
「飛んでいる最中に何かが起こったのですね」
 四回、間断なく。
「それはYESということ?」
 三回。
「つらい? この話、やめましょうか?」
 しばし後、一回。
「続けられる?」
 二回。
「じゃあ、もう少し頑張ってくださいね」
 二回。
「事故の前、飛行機は揺れましたか?」
 二回。
「恐かった?」
 やや後、一回。
「その時には、もう落ちると思いましたか?」
 一回。
「大したことはないと思ったんですね」
 二回。
「揺れはだんだん酷くなりましたか?」
 やや後、一回。
「しばらく小さな揺れが続いたんですか?」
 一回。
「それは、つまり……揺れが一度止まった?」
 二回。
「その後、また揺れましたか?」
 二回。
「その後、落ちたのですか?」
 二回。
「辛い事ばかり聞いてごめんね。恐かったでしょう?」
 二回。
「今日はこれぐらいにしておく? 疲れたでしょう?」
 一回。
「まだ話せる?」
 二回。
「それじゃあ、もう少し聞いていい?」
 二回。

92: クエッション 2020/07/24(金) 20:45:01.558 ID:+t4wcZ+i0
「揺れている以外に、何か異常はありましたか?」
 しばし後、二回。
「それじゃあ」
 可美村緋那さんの言葉の途中で、三回。
「どうしたの?」
 三回。
「顎が疲れちゃった?」
 五回。
「震えてるの?」
 四回。
「貴代ちゃん、だいじょうぶ?」
 六回。間を挟んですぐに五回。
「少し落ち着くまで待ちますね」
 三回。
 しばし休憩。その最中にも、数回。
「もう大丈夫?」
 二回。


「さっきの話の続きね。何か揺れ以外の異常があったのですか?」
 二回。
「エンジン音とかが変だったのですか?」
 一回。
「何か爆発音が聞こえたとか?」
 一回。
「窓から何かが見えました?」
 二回。
「それは何か硬そうなものがぶつかったのが見えたということでしょうか」
 一回。
「もしかして、それは墜落の直接の原因じゃないと思いますか?」
 一回。
「窓から見えたものが墜落の原因ですか?」
 一回。
「それは」
 可美村緋那の言葉の最中、何度も続けて。(回数不明)
「貴代ちゃん、だいじょうぶ? 恐いの?」
 連続。
「もう大丈夫だから、怖がらなくてもいいんですよ。ここは病院だから、落ちたりしませんよ」
 七回。
「さあ、落ち着いて」
 五回。
 しばし後、回復。
「貴代ちゃん、だいじょうぶ?」
 二回。
「続けられますか?」
 二回。


「何が見えたんですか?」
 無音。
「ああ、ごめんね。そこから見えたのは、ええと、他の飛行機か何かですか?」
 一回。
「少し質問を変えますね。貴代ちゃんの席は窓際でしたか?」
 二回。
「窓からは飛行機の羽も良く見えたんですか?」
 二回。
「羽に何か異常があったんですか?」
 やや後、二回。
「羽が壊れてた?」
 やや後、二回。
「だから飛行機は落ちたのかしら?」
 しばし待つも、無音。
「羽が壊れて落ちたわけじゃないの?」
 一回。
「羽が壊れて落ちたのね」
 二回。
「なんで壊れたのか、わかりますか?」
 二回。

93: クエッション 2020/07/24(金) 20:45:25.810 ID:+t4wcZ+i0
「何かがぶつかったの?」
 一回。
「勝手に壊れた?」
 一回。
「誰かが壊した?」
 二回。
「誰かが、そこにいたの?」
 二回。
「それで」
 言葉の最中、小刻みに何度も。
 しばし質問の声もなく、音だけが続く。
「いい?」
 一回、一回、一回と、間を挟んで。
 収まるまで待つ。

98: クエッション 2020/07/24(金) 20:48:27.173 ID:+t4wcZ+i0
136: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/30 18:35

うちの地方では、雨が良く降った日にタコが芋を狙って陸に上がって来ると言う言い伝えがある。
芋と言ってもサツマイモなんかじゃなく、「くわいも」と言う
見かけはおたまじゃくしみたいな形で、食べた感じがサトイモみたいな小さな芋。
実際、この芋を餌に地元の漁師はタコを釣るが、これが結構良く釣れる。
タコが本当に芋を食べに陸に上がって来るかどうかはわからないが、
奴等がこの芋の味を知っているのが実に不思議な話。

106: クエッション 2020/07/24(金) 20:53:09.472 ID:+t4wcZ+i0
36: 毒男 ◆B.DOLL/gBI (ワッチョイ c93a-kEXg) 2020/01/03(金) 22:47:53.97 ID:gDGGZpbJ0

建築法だか何だかで5階(6階かも)以上の建物にはエレベーターを設置しないといかんらしい。
だから俺が前住んでいた高速沿いのマンションにも、当然ながらエレベーターが一つあった。
六階に住んでいた俺が階段を使うことは全くといっていいほどなかった。まあ、多分誰もがそうだろう。
来る日も来る日もエレベーターのお世話になった。
階段は下りるならともかく昇るのはなかなかにツライ。
だが、ツライのは分かっていても、今の俺は専ら階段しか使わない。

大学の講義がない平日の昼頃、俺はコンビニでメシを買ってこようと部屋を出た。
1階に下りるのには当然エレベーターを使う。エレベーターは最上階の8階に止まっていて、今まさに誰かが乗るか降りるかしているところのようだった。
俺は階下のボタンを押し、エレベーターが下りてくるのを待った。
開いたエレベーターのドアの向こうには中年のおばさんが一人いた。
ちょくちょく見かける人だったから、多分8階の住人だったんだろう。
軽く会釈してエレベーターに乗り込む。1階のボタンは既に押されている。
4階で一度エレベーターが止まり、運送屋の兄ちゃんが乗ってきた。
3人とも仲良く目的の階は1階だ。

だが。
エレベーターは唐突に3階と2階の間で止まってしまう。
一瞬軽いGが体を押さえつけてきた。
俺を含めた室内の3人は3人とも顔を見合わせた。

何だ。故障だろうか。停電、ではないようだ。エレベーター内の明かりには異常がない。
「どう……したんすかね」
俺がぼそりと呟く。おばさんも運送屋も首を傾げる。
暫く待っても動く気配がない。と、運送屋が真っ先に行動した。彼は内線ボタンを押した。
応答がない。嘆息する運送屋。
「一体どうなってんでしょう」
運送屋の疑問は俺の疑問でもあった。

多分数字にしてみれば大した時間じゃなかった筈だ。沈黙は3分にも満たないくらいだったろう。
それでも漠然とした不安と焦りを掻き立てるには十分な時間だった。
何となくみんなそわそわし始めた頃、エレベーターが急に稼動を再開した。
おばさんが短くわっと声を上げる。俺も突然なんでちょっと驚いた。
しかし、だ。
押しているのは1階のボタンだけだというのに、どういうわけか下には向かわない。
エレベーターは上に進行していた。
すぅっと4階を抜け、5階、6階……
7階で止まり、がらッとドアが開いた。
俺は訝しげに開いたドアを見る。全く、何なんだ。一体なんだっていうんだこれは。

107: クエッション 2020/07/24(金) 20:55:52.271 ID:+t4wcZ+i0
37: 毒男 ◆B.DOLL/gBI (ワッチョイ c93a-kEXg) 2020/01/03(金) 22:48:10.53 ID:gDGGZpbJ0

「なんか不安定みたいだから」
おばさんがエレベーターを降りながら言った。
「なんか不安定みたいだから、階段で降りる方がいいと思いますよ。また何が起こるか分からないし」
「そりゃそうですね」
と、運送屋もエレベーターを降りた。
当然だ。全く持っておばさんの言うとおりだ。
今は運良く外へ出られる状態だが、次は缶詰にされるかもしれない。
下手をすれば動作不良が原因で怪我をする可能性もある。そんなのはごめんだ。
俺もこの信用できないエレベーターを使う気などはなく、二人と一緒に降りようと思っていた。

いや、待て。
何かがおかしい気がする。
エレベーターの向こうに見える風景は、確かにマンションの七階のそれである。
だが……やけに暗い。電気が一つも点いていない。明かりがないのだ。
通路の奥が視認できるかできないかというくらい暗い。
やはり停電か?
そう思って振り返ってみると、エレベーターの中だけは場違いなように明かりが灯っている。
そうだ。動作に異常があるとはいえ、エレベーターは一応は稼動している。停電なわけはない。
どうも、何か変だ。
違和感を抱きつつ、俺はふと七階から覗ける外の光景に目をやってみた。

なんだこれは。
空が赤い。
朝焼けか、夕焼けか?だが今はそんな時刻ではない。
太陽も雲も何もない空だった。なんだかぞくりとするくらい鮮烈な赤。
今度は視線を地に下ろしてみる。
真っ暗、いや、真っ黒だった。
高速やビルの輪郭を示すシルエット。
それだけしか見えない。マンションと同じく一切明かりがない。

しかも。普段は嫌というほど耳にする高速を通る車の走行音が全くしない。
無音だ。何も聞こえない。それに動くものが見当たらない。
上手くいえないが、「生きている」匂いが眼前の風景から全くしなかった。
ただ空だけがやけに赤い。赤と黒の世界。

今一度振り返る。
そんな中、やはりエレベーターだけは相変わらず明るく灯っていた。

わずかな時間考え込んでいたら、エレベーターのドアが閉まりそうになった。
待て。どうする。
降りるべきか。
それとも、留まるべきか。

108: クエッション 2020/07/24(金) 20:56:41.431 ID:+t4wcZ+i0
38: 毒男 ◆B.DOLL/gBI (ワッチョイ c93a-kEXg) 2020/01/03(金) 22:48:20.91 ID:gDGGZpbJ0

今度は特に不審な動作もなく、エレベーターは大人しく1階まで直行した。
開いたドアの向こうは、いつもの1階だった。
人が歩き、車が走る。生活の音。外は昼間。見慣れた日常。
安堵した。もう大丈夫だ。俺は直感的にそう思ってエレベーターを降りた。

気持ちを落ち着けた後、あの二人のことが気になった。俺は階段の前で二人が降りてくるのを待った。
しかし、待てども待てども誰も降りてこない。
15分ほど経っても誰も降りてこなかった。階段を下りる程度でここまで時間が掛かるのはおかしい。

俺はめちゃくちゃに怖くなった。
外へ出た。
何となくその場にいたくなかった。

その日以来、俺はエレベーターに乗りたくても乗れない体質になった。
今は別のマンションに引越し、昇降には何処に行っても階段を使っている。
階段なら「地続き」だからあっちの世界に行ってしまう心配はない。
だが、エレベーターは違う。
あれは異界への扉なんだ。少なくとも俺はそう思っている。
もうエレベーターなんかには絶対に乗りたくない。

109: クエッション 2020/07/24(金) 20:57:33.661 ID:+t4wcZ+i0
30: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2015/06/13(土) 01:22:26.613 ID:S+13SKDX0.net BE:708155702-PLT(12004)

不気味な電話

知合いの話なんだけど 駄文お許しを

彼女が中学の頃なんだけど、ある晩 独りで留守番してると 宅電が鳴ったそうだ
電話に出ると ぴちゃっ ぬちゃっ っていう様な音とともに

「**ちゃん?」

って 女の声がしたんだって
聞き覚えの無い名前に 間違い電話だと思った彼女が
「あのーどちらにお掛けですか?」
って尋ねると その電話は切れちゃったらしい

翌日も 彼女が学校から帰宅したら 宅電が掛かってきたらしい
電話口から流れる あの ぴちゃっ ぬちゃっ っていう音を聞いて彼女 昨日の間違い電話と同じだって気づいて
「昨日の方ですよね?間違いですよ」
って相手に伝えたんだって
すると 同じ女の声でね

「**ちゃ…まっか…ぽい…うぇ…うぇ…おねが…である…」

って途切れ途切れで よく聞こえなかったらしいんだが 何度も何度も繰り返すんだって

「**ちゃ…まっか…ぽい…うぇ…うぇ…おねが…である…」

って 


 
32: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2015/06/13(土) 01:23:10.318 ID:S+13SKDX0.net BE:708155702-PLT(12004)

でも 彼女間違いだって分かってるからはっきりと
「**ってのは居ませんし 間違い電話ですよ」
って言ったんだって

「じゃ○○ちゃん(彼女の名前) お願い」

って
驚いた彼女が
「誰?何ですか?」
って聞くと また水の様な音とともに
「まっか…ぽい…うぇ…うぇ…おねが…である…」

ってのが続いたらしい

気持ち悪くなった彼女が 少しキレてね
「いたずら?いい加減にしろ!」
って電話切っちゃったんだって
それから その変な電話は掛かってこなくなったらしいんだけど

110: クエッション 2020/07/24(金) 20:58:50.154 ID:+t4wcZ+i0
36: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2015/06/13(土) 01:24:09.492 ID:S+13SKDX0.net BE:708155702-PLT(12004)

数年後 親戚に不幸があって 彼女 また独りで留守番することになったんだって
彼女 試験の最中で 通夜には両親と妹が出向いた

夜になって 雨が本降りになったらしい
勉強の合間に一息ついてたら 宅電が鳴ったんだって
両親からだと思って 慌てて電話に出ると

「○○ちゃん?(彼女の名前)」

って あの女の声がした

「○○ちゃん…まっか…ぽい…うぇ…うぇ…おねが…である…」

って
マジで気持ち悪くなった彼女 何も言わずに電話を切ったんだって

その時 玄関のチャイムが鳴った
こんな雨の夜に 誰だろって玄関に向かうとドア越しに聞こえるんだって

「○○ちゃん…まっか…ぽい…うぇ…うぇ…おねが…である…」

って
雨音に混じって あの女の声がする

鍵を確認しながら ドアスコープを覗いたけど 何も見えない
女も外から覗いてたらって 頭に浮かんだとたん 嫌な汗と悪寒に包まれたって


38: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2015/06/13(土) 01:25:18.788 ID:S+13SKDX0.net BE:708155702-PLT(12004)

「まっか…ぽい…うぇ…うぇ…おねが…である…」

意味の分からない言葉を吐き続けながら 女がドアを叩きだすと彼女パニくって
自分の部屋に駆け上がり 携帯から両親に連絡入れたらしいんだけど出ないんだって 母親も父親も 誰も
ベッドにもぐって 頭から布団かぶって 目つぶってね ずっと震えてたらしい
朝になるまで

いつの間にか うとうとしていたらしい
玄関のがさっって音で 目が覚めたんだって
あぁ新聞配達がきたって
カーテン越しに空も薄らと明け 何とか安心したらしい
でも まだあの女が居たらって なかなかベッドから出られなかったらしいんだけど
明るくなって 玄関のドアを開けてみたんだって
何も無い 何だったんだろって頭ひねってたら
ドアのスコープの下あたりに真赤な口紅が べったりと付着してたんだって
女の言った言葉の意味 あれ何だったんだろってね

また数年経つらしいんだけど 彼女は怖がってる
多分 あの女また来るって
彼女 今でも宅電鳴ると 震えが止まらないらしいです

140: クエッション 2020/07/24(金) 21:23:24.647 ID:+t4wcZ+i0
42 番組の途中ですが (ブーイモ MM22-0kSa)[sage] 2020/01/18(土) 12:26:29.78 ID:s8QQBzeSM

解体業してる兄から聞いた話
家系が途絶えた古い大きな農家を解体した際
屋根裏が木枠で囲まれて
牢獄部屋のようになっており
大きなものが這いずり回った跡があったそうだ

152: クエッション 2020/07/24(金) 21:34:21.433 ID:+t4wcZ+i0
621: 粉 2013/05/20(月) 01:34:15.94 ID:0Ln/an040

1977年豊島区のパン屋さんから、水道の蛇口をひねるとドス黒い油状のものが出てくるという訴えが水道局にあった。
調べてみると、正体は燃料用のB重油で付近の50件ほども同じ被害があったという。
水道管の中の水は高い水圧がかかっており、亀裂があった場合でも重油が水の中に染みこむとは考えられない。
局員も理由がわからず首をひねるばかりだったという。
1975年港区芝の発明会館の地下3階の3階の倉庫の壁に油が黒いシミとなって湧き出してきた。
付近のガソリンスタンドには異常がなかったのだが、多い時では1日4リットルもの油が湧き出たという。
結局、原因がわからぬままであった。

157: クエッション 2020/07/24(金) 21:38:04.963 ID:+t4wcZ+i0
26: 名無しさん@おーぷん 20/04/29(水)03:57:39 ID:m5a

俺は超能力者やで
って言っとるおっさんが知り合いにおった
住所も答えんし名前も聞いても知らぬ存ぜぬで今思えばおかC奴やったが当時は信じきっていた
おっさんの能力は透視と幽体離脱でかつてはよくそれを使って人助けをしたのだと
俺はおっさんに能力を使うことをせがんだがおっさんは「能力を使うと脳が焼けるんだ」ってあまりそれを使いたがらなかった
ある時おっさんの家の前にによく似た家族?の人たちが訪ねているのを見かけた
それだけなら大したことないがなにせ人数と気迫が尋常じゃない、親戚一度揃ってる感じやった
最終的におっさんはなにかを喋ってその人たちについていった
数ヶ月後おっさんに再び会った、こっちのことを完全に忘れているようだった
それが能力を使ったせいなんかあの人たちになにかされたせいなんかもしくはただとぼけていたんかは知らんが怖かった

引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1595585967/




関連動画




関連記事




jr-korpa-GsWllROMURg-unsplashのコピー

こちらの記事も読みませんか?